美留和~摩周湖

摩周湖を見に行くには?

摩周湖の展望台は摩周第1展望台と摩周第3展望台、裏摩周展望台の3か所です。一般的には摩周第1展望台の景色がよく本などに掲載されているものかと思います。第1展望台は車で弟子屈の街の方から上っていく道路があり、第1展望台を過ぎてそのまま約3.4㎞ 程行くと摩周第3展望台へ着きます。そしてさらに進むとJR川湯温泉駅の方の道へと向かうことが出来るんです。つまり道路が整備されているということです。しかしながらなかなか摩周湖への公共の交通機関がなかなか走っていないのが現状なんです。自家用車、レンタカー、タクシー以外ではどうやって摩周湖へ行けばいいんだろう?ということで紹介したいのが美留和~摩周湖の散策路です。自分の足で登って見る摩周湖はより格別なものがあると思いませんか?

セルフガイドマップ表(pdf)
セルフガイドマップ裏(pdf)
片道約7㎞
コースタイム片道約2時間

行き方①

まずはJRでの移動になります。摩周駅~川湯温泉駅の間にある美留和駅で下車です(何とか最寄のJRの駅までは移動してください!)。そこから徒歩移動になります。実はこの散策路は北根室ランチウェイの第6ステージの一部なんです。なのでルート上には北根室ランチウェイの道標があります(ですが地図は必要でしょう。2万5千分の1がよろしいかと思います)。摩周湖第1展望台までの距離は約7㎞。高低差は約400mといったところです。歩き始めてすぐですが摩周の伏流水だといわれる水が湧き出ている所がありますので、そこで飲み水を補給しいよいよ出発。地図を見て北根室ランチウェイの道標を確認しながら歩いて下さい。まずは林道を突き進んでいきます。行き方②へ

行き方②

林道をしばらく歩いていくと畑が見えてきます。やっと景色に変化が出てきて、「いいな!」と感じます。※この辺は7~8月だとアブの襲撃にあうので中止!僕は立ち止まることが出来ませんでした…。止まると刺される!さらに進むとシカのゲートがありますので開けた後はしっかりと閉めて行って下さい。ゲートから先は林道。この辺からクマの対策も必要になってくるでしょう。人が通るぞ!ということをしっかりアピールして進みます(手をたたいたり、ホイッスルを鳴らしたり)。林道を抜けると道が二手に分かれますが道標に従い右へ。約1.7㎞ほど歩くと摩周第1展望台の景色が見えます!苦労して歩いたご褒美が見れたらホントにいいですね~。※注意…帰りのJRの時間は調べておいて下さい。

フォトギャラリー

アクセス

アクセス(空港・JR・バスの場合)

川湯エコミュージアムセンターより
川湯エコミュージアムセンター ⇒ 阿寒バス(約10分) ⇒ JR川湯温泉駅 ⇒ JR釧網本線(約15分) ⇒ JR美留和駅

釧路・釧路空港方面より
釧路空港 ⇒ 釧路空港連絡バス(約45分) ⇒ JR釧路駅 ⇒ JR釧網本線(約1時間30分) ⇒ JR美留和駅

網走・女満別空港方面より
女満別空港 ⇒ 女満別空港線(約30分) ⇒ JR網走駅 ⇒ JR釧網本線(約45分) ⇒ JR知床斜里駅 ⇒ JR釧網本線(約1時間) ⇒ JR美留和駅

中標津空港方面より
中標津空港 ⇒ 中標津空港線(約30分) ⇒ 中標津バスターミナル ⇒ 阿寒バス(約1時間30分) ⇒ JR標茶駅 ⇒ JR釧網本線(約20分) ⇒ JR美留和駅

アクセス(自動車の場合)

マップコード
731 502 329

川湯エコミュージアムセンターより
川湯エコミュージアムセンター ⇒ 国道391号線(約15分) ⇒ JR美留和駅

釧路・釧路空港方面より
釧路市街 ⇒ 国道391号線(約1時間45分) ⇒ JR美留和駅
釧路空港 ⇒ 国道274号線・391号線(約1時間45分) ⇒ JR美留和駅

網走・女満別空港方面より
網走市街 ⇒ 国道244号線・391号線(約1時間30分) ⇒ JR美留和駅
女満別空港 ⇒ 国道39号線・243号線・391号線(約1時間20分) ⇒ JR美留和駅

中標津方面より
中標津空港 ⇒ 道道13号線・国道243号線・391号線(約1時間20分) ⇒ JR美留和駅