動物たち

摩周・屈斜路・川湯地域の動物たち

 

種名 川湯地域での様子
エゾシカ 地熱や温泉などで積雪が少ない場所が多い川湯地域では道路際や観光地に隣接している森の中などでよく見られます。
ヒグマ 森や山の中ではヒグマも存在しています。地熱で温かい場所では冬の間も冬眠せずに活動している固体もいると言われています。登山時や山菜採りの時など十分に気を付けて活動してください。
キタキツネ 夏になるとよく道路際に顔を出している固体もいますが、エキノコックスなどに寄生される恐れもあります。エサやりなどは絶対にしないでください。
エゾタヌキ キツネに比べると遭遇率は低いものの、夜行性のため、冬には昼間、農家さんの倉庫の片隅で寝ていたりする姿を見ることができます。
エゾクロテン 森の中に生息しており、なかなかその姿を見ることができませんしかし、冬の雪の上の足跡などは屈斜路湖畔の森の中などで多く見ることができます。
エゾリス 樹上で生活しており、冬でも冬眠していないためエサをついばんでいる様子を見ることができます。アカエゾマツの森の中や和琴半島など散策路を歩いていると見つけられます。
シマリス 地上で生活しており、冬の間は冬眠しています。夏になると摩周湖の外輪や屈斜路湖畔線の道路などを渡っている姿を時々見かけることができます。
イイズナ 家猫が捕まえてきたものを一度だけ見たことがあるが、体長は15cmほどでとても小柄なため、野生のイイズナを見つけるのは非常に困難です。
オコジョ 岩場などに生息しており、イイズナと同じく小型の肉食獣です。冬眠はしませんが、その姿を見ることは非常に困難です。
ユキウサギ 冬の雪の上では摩周の外輪山や森の中など足あとをよく見ることができます。基本的には夜行性で摩周湖へ行く道路を夜走っていると時々見かけることがあります。