Category Archives: 探勝ポイント紹介

硫黄山

硫黄山

硫黄山の歴史 現在は川湯温泉の源として有名な硫黄山(アトサヌプリ)ですが、明治初期から昭和30年代にかけては、硫黄を採掘する鉱山として利用されていました。当時、硫黄はマッチや火薬の原料として需要が高まっていた鉱物で、近くでは雌阿寒岳や知床硫黄山でも採掘が行われていました。こ

Read More

川湯温泉

川湯温泉

川湯温泉の始まり 川湯温泉とはもともと『セセキペツ』とアイヌの人々から呼ばれていました。アイヌ語で(湯の川)という意味でしたが、すでに湯の川温泉という地名があるため、川湯温泉と名付けられました。 川湯温泉が注目されるきっかけとなったのは硫黄山(アトサヌプリ)です。硫黄山の硫

Read More

砂湯

砂湯

名前の通り。砂を掘るとお湯が出る! 屈斜路カルデラの中に数多くある自噴の温泉。屈斜路湖の東側、道道52号=クッシー街道沿いは、そんな温泉が点在しています。そのひとつ「砂湯」は、昭和25年ごろから売店が開かれ、その後、民芸品店、食堂、貸しボートなどの営業がスタート。昭和34年

Read More

コタン

コタン

アイヌ語で「集落」という意味 日本の先住民族であるアイヌの人たちは文字を持っていなかったので、いつごろから住んでいたのか、はっきりしたことはわかっていません。屈斜路コタンのことが初めて文献に登場したのは1859(安政6)年。江戸幕府の命令で、北海道内をくまなく調査していた松

Read More