硫黄山

硫黄山の歴史

現在は川湯温泉の源として有名な硫黄山(アトサヌプリ)ですが、明治初期から昭和30年代にかけては、硫黄を採掘する鉱山として利用されていました。当時、硫黄はマッチや火薬の原料として需要が高まっていた鉱物で、近くでは雌阿寒岳や知床硫黄山でも採掘が行われていました。この硫黄採掘によって、ほぼ未開の地であった弟子屈・釧路を含めた道東の産業が急速に発展していったのでした。

硫黄採掘の始まり

硫黄山と人との出会いはアイヌの人々が硫黄を焚き付けに使っていたことに始まります。それを聞きつけた釧路の漁場持(松前藩よりアイヌとの交易権を委託された商人)・佐野孫右衛門が明治9年に試掘を行い、明治10(1877)年には本格的に採掘事業を始めました。採掘量は豊富で、採掘を始めた年に函館の恵山に次いで全道で2番目の採掘量を誇るほどになったといいます。当時はもちろん機械などなく、鉱夫たちがクワなどで採った硫黄をその場で精錬し、馬と舟を利用して釧路まで運んでいました。

(写真・佐野孫右衛門)

事業経営の変化

明治18(1885)年、硫黄山の事業経営は佐野孫右衛門から函館の銀行家・山田慎に移ります。山田慎は硫黄採掘・運搬の効率化を図るため、標茶の釧路集治監から多くの囚人を雇い、鉄道を敷設することを計画。しかし明治20(1887)年、山田の経営する銀行が経営難に陥ったため、同じ銀行家である安田善次郎と共同経営することにしました。この安田善次郎が安田財閥の創始者であり、弟子屈や釧路を中心とした道東の近代化を一気に進めた人物でした。

(写真右・安田善次郎)

 安田鉄道の完成

事業を引き継いだ安田善次郎は、明治20(1887)年12月に硫黄山から標茶までの41kmにも及ぶ線路をたった8ヶ月で開通させました。北海道では小樽・手宮~札幌間に次ぐ2番目の鉄道で、当時では画期的なものだったと推察できます。「進善号」「長安号」とアメリカから輸入した2つの蒸気機関車を走らせ、標茶にも精錬所を建設するなど規模を拡大し、「川湯硫黄山」が世に知られるようになっていきました。しかし、その好景気も長くは続かず、生産量が激減したことなどから、明治29(1896)年に硫黄山採掘事業を中止。「安田鉄道」と呼ばれた線路も北海道庁へと買い取られ、現在のJR釧網本線へとつながっていくこととなります。

採掘事業の終わり

安田が採掘事業を中止した後も、明治後期や大正などにかけて様々な経営者が採掘事業を続けていました。しかし、昭和38(1963)年に両角克治と野村鉱業が設立した「跡佐登硫黄鉱業」が休山とし、その後再開されることなく、明治初期から続いていた硫黄採掘の歴史に幕を下ろすこととなりました。
採掘事業は終わってしまったものの、昭和5(1930)年に国有鉄道・川湯駅(現・JR川湯温泉駅)が開業し、翌年に釧網線(現・釧網本線)が全線開通、そして昭和9(1934)年に阿寒国立公園(現・阿寒摩周国立公園)に指定されたことによって川湯温泉は湯治場として、硫黄山は観光名所として多くの人が訪れる場所となったのでした。

 

フォトギャラリー

アクセス

駐車料金

バイク200円
乗用車500円
マイクロバス1,000円
大型バス2,000円
※摩周湖第一展望台との共通券です。
※上記料金で硫黄山駐車場、摩周湖第一展望台を1回ずつご利用いただけます(2日間有効、消費税込)。
※長さ5m以上の乗用車はマイクロバス料金の扱いになります。
※冬季期間中(11月下旬~翌年4月上旬)は休業します。休業中も駐車可能ですが、無料開放中につき、事故・トラブル等に関する責任は一切負いかねます。

アクセス(空港・JR・バスの場合)

川湯エコミュージアムセンターより
川湯エコミュージアムセンター ⇒ 期間限定えこパスポート ⇒ 硫黄山レストハウス

釧路・釧路空港方面より
釧路空港 ⇒ 釧路空港連絡バス(約45分) ⇒ JR釧路駅 ⇒ JR釧網本線(約1時間40分) ⇒ JR川湯温泉駅 ⇒ 期間限定えこパスポート(約5分) ⇒ 硫黄山レストハウス

網走・女満別空港方面より
女満別空港 ⇒ 女満別空港線(約30分) ⇒ JR網走駅 ⇒ JR釧網本線(約45分) ⇒ JR知床斜里駅 ⇒ JR釧網本線(約45分) ⇒ JR川湯温泉駅 ⇒ 期間限定えこパスポート(約5分) ⇒ 硫黄山レストハウス

中標津空港方面より
中標津空港 ⇒ 中標津空港線(約30分) ⇒ 中標津バスターミナル ⇒ 阿寒バス(約1時間30分) ⇒ JR標茶駅 ⇒ JR釧網本線(約30分) ⇒ JR川湯温泉駅 ⇒ 期間限定えこパスポート(約5分) ⇒ 硫黄山レストハウス

アクセス(自動車の場合)

マップコード
731 713 859

川湯エコミュージアムセンターより
川湯エコミュージアムセンター ⇒ 道道52号線(約5分) ⇒ 硫黄山レストハウス

釧路・釧路空港方面より
釧路市街 ⇒ 国道391号線(約2時間30分) ⇒ 硫黄山レストハウス
釧路空港 ⇒ 道道53号線(約2時間) ⇒ 硫黄山レストハウス

網走・女満別空港方面より
網走市街 ⇒ 国道244号線・国道391号線(約1時間30分) ⇒ 硫黄山レストハウス
女満別空港 ⇒ 国道243号線・道道52号線(約1時間30分) ⇒ 硫黄山レストハウス

中標津方面より
中標津空港 ⇒ 道道13号線・国道243号線・391号線(約1時間30分) ⇒ 硫黄山レストハウス