和琴半島自然探勝路

和琴半島とは

屈斜路湖は活発な火山活動によってできたカルデラで、約3万年前に原型となるくぼみができたとみられています。その後も火山が噴出し続け、和琴半島の原型となるオヤコツ溶岩円頂丘という溶岩ドームができあがりました。その後、長い時間を経て、土砂が堆積して湖岸の扇状地とつながり、現在の和琴半島となりました。アイヌ語で「オ(尻が)ヤ(陸地に)コッ(くっついている)」と呼ばれていましたが、大正10年にこの地を訪れた紀行作家・大町桂月によって「和琴」という感じが充てられたそうです。
小さな半島ですが、その中に一周約2.5㎞の自然探勝路が整備されています。1時間程度で周回できる手軽さに加え、お花の種類が多いことや一部で火山活動の名残が感じられることから人気の散策路となっています。

セルフガイドマップ表(pdf)
セルフガイドマップ裏(pdf) イラストVer
周回約2.5㎞
コースタイム周回約1時間
標高差 約20m

和琴半島の花々

和琴半島は火山活動の名残で地熱が高く、土壌も豊かなため、多くの花々が見られます。春には春を告げる花・フクジュソウが顔を出し、湿地帯ではミズバショウが多く自生しています。夏にはクルマユリやオオウバユリ、秋は紅葉と共にエゾトリカブトが散策路を彩ります。
その中でもスタッフおすすめの時期は5月中旬頃。ヒトリシズカ(写真)、フデリンドウやエゾエンゴサク、ミヤマエンレイソウ、クルマバツクバネソウ、ネコノメソウなど、色とりどりで可愛らしいお花ばかり。ついつい足を止めていたら、1時間で散策できるはずが2時間…なんてことも。

オヤコツ地獄は必見!

ちょうど散策路の中間地点のポイントで、「オヤコツ地獄」と呼ばれるスポットがあります。何やら恐ろしい名前ですが、見て納得。展望台から湖岸を見下ろすと、もくもくと噴煙が上がり、草木が生えていない様子はまるで地獄のよう。
オヤコツ地獄近くの地温が高い場所ではコケがよく見られ、その中で一年中「マダラスズ」というコオロギの仲間が生息しています。そのため、冬でも虫の鳴き声を聞くことができる貴重な場所です。

国の天然記念物・ミンミンゼミ

7月になると、散策路では「ミーンミンミンミンミンミー」というセミの鳴き声が聞こえてきます。本州では聞き馴染みのある声かもしれませんが、実はこの声、北海道東部では唯一、和琴半島しゅうへんでしか聞くことができません。その声の主は、「和琴ミンミンゼミ」。昭和26年に「6000年~8000年前には北海道全域に生息していたものの、寒冷化によって最終的に和琴半島だけに生き残った」という希少さから、国の天然記念物に指定されています。姿を見ることはなかなか難しいですが、葉の裏側などをめくってみると、抜け殻を見つけられるかもしれません(写真)。ぜひ和琴半島ならではの夏の風物詩を目で、そして耳で味わってください。

散策以外にも魅力がいっぱい

和琴半島を満喫するには、散策だけではもったいない!釣りやカヌー、露天の温泉入浴、そしてキャンプなど、1日かけても足りないくらい、和琴半島周辺は魅力がそろったところなのです。施設も活用しながら楽しんでください。

●和琴フィールドハウス  旬の自然情報や散策ポイントを展示で紹介しています。4月下旬~10月末の8:00~17:00まで開館(無料)

●和琴キャンプ場(有料)  2014年にリニューアルオープン。シャワー室とコインランドリーも設置されています。開場は6月中旬~9月末まで。受付は和琴フィールドハウスで行っています。 詳しくは下記HPへ。
http://www.bes.or.jp/kawayu/camp.html#C2

●和琴湖畔キャンプ場(有料)  和琴半島基部の北岸に位置し、湖での遊びを楽しむのに格好の拠点として親しまれています。

 

フォトギャラリー

アクセス

アクセス(空港・JR・バスの場合)

川湯エコミュージアムセンターより
川湯エコミュージアムセンター ⇒ 期間限定えこパスポート ⇒ 和琴半島

釧路・釧路空港方面より
釧路空港 ⇒ 釧路空港連絡バス(約45分) ⇒ JR釧路駅 ⇒ JR釧網本線(約1時間40分) ⇒ JR摩周駅 ⇒ 期間限定えこパスポート/阿寒バス ⇒ 和琴半島

網走・女満別空港方面より
女満別空港 ⇒ 女満別空港線(約30分) ⇒ JR網走駅 ⇒ JR釧網本線(約45分) ⇒ JR知床斜里駅 ⇒ JR釧網本線(約45分) ⇒ JR川湯温泉駅 ⇒ 期間限定えこパスポート ⇒ 和琴半島
女満別空港 ⇒ 女満別空港線(約30分) ⇒ JR網走駅 ⇒ JR釧網本線(約45分) ⇒ JR知床斜里駅 ⇒ JR釧網本線(約45分) ⇒ JR摩周駅 ⇒ 期間限定えこパスポート/阿寒バス ⇒ 和琴半島

中標津空港方面より
中標津空港 ⇒ 中標津空港線(約30分) ⇒ 中標津バスターミナル ⇒ 阿寒バス(約1時間30分) ⇒ JR標茶駅 ⇒ JR釧網本線(約30分) ⇒ JR川湯温泉駅 ⇒ 期間限定えこパスポート ⇒ 和琴半島
中標津空港 ⇒ 中標津空港線(約30分) ⇒ 中標津バスターミナル ⇒ 阿寒バス(約1時間30分) ⇒ JR標茶駅 ⇒ JR釧網本線(約30分) ⇒ JR摩周駅 ⇒ 期間限定えこパスポート/阿寒バス ⇒ 和琴半島

*えこパスポート期間外はJR摩周駅から和琴半島までの路線バスがございます。

アクセス(自動車の場合)

マップコード
731 577 231*71

川湯エコミュージアムセンターより
川湯エコミュージアムセンター ⇒ 道道52号線・国道243号線(約30分) ⇒ 和琴半島

釧路・釧路空港方面より
釧路市街 ⇒ 国道391号線・243号線(約1時間45分) ⇒ 和琴半島
釧路空港 ⇒ 国道274号線・241号線(約1時間45分) ⇒ 和琴半島

網走・女満別空港方面より
網走市街 ⇒ 国道39号線・国道243号線(約1時間30分) ⇒ 和琴半島
女満別空港 ⇒ 国道39号線・国道243号線(約1時間) ⇒ 和琴半島

中標津方面より
中標津空港 ⇒ 道道13号線・国道243号線(約1時間20分) ⇒ 和琴半島